脊柱管狭窄症って?

脊柱管狭窄症って?

脊柱管狭窄症とは?

背骨を縦断する脊髄中枢神経の通り道「脊柱管」が狭くなってしまう症状が「脊柱管狭窄症です。ちょうどホースが  ところによって潰れて狭くなっているようなものです。

 

同じ症状として「椎間板ヘルニア」がありまさすが「ヘルニア」の場合は前かがみになった時に痛むことが多く、「脊柱管狭窄症」の場合は その反対で「背中を反る」姿勢を取った時に痛むことが多いようです。 

 

また、歩くと足のしびれ、痛みに襲われ、歩行困難になりますが、「間欠跛行(かんけつはこう)」はしばらく休むと、また歩くことができるようになるという特徴があります。

 

ゆるりに来られる方は、「手術なしで歩けるようになるのだろうか?」「痛み、しびれがとれるだろうか?」と不安でいっぱいの人達です。

 

あなたは多分このような症状で困り、病院に行きMRIで「脊柱管狭窄症」と診断され、この難しい名前に不安を募らせているかもしれません。また、手術を勧められた方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、データでは60歳以上の87%のひとが「脊柱管狭窄症」になっているとのことです。なっていても、何の症状もない人が存在するのです。当然痛くないので 病院にも行きません。

 

「脊柱管狭窄症」がその症状の原因でないことが大変多いのです。痛み、痺れの筋肉緊張を取れば、狭窄があっても歩けるようになり、痛み、痺れもなくなっていきます。

 

「ゆるり」に来られる方には、このような症状以外にも、歩くと足首だけが痛い、足の甲が痛い。ふくらはぎが痛い。また、片足や両足の膝が痛いなど下肢のある部分だけが痛むという方も 勿論、改善されています。

 

ゆるりの施術方法

ゆるりの施術は「ゆったり ゆらゆら」の文字通り、筋肉の緊張した箇所を揺らしながら、痛みの原因がどこかを探り、たたく、揉むことなく副交感神経を刺激し、痛みを取り除きます。

 

なぜ、歩けるようになるのでしょうか?何度も申しますが、筋肉の強烈な緊張が理由です。私は、狭窄そのものをあっという間に治すなんてできません。でも、「ゆるり」に来られている人は あきらめない限り、100%改善されています。

 

その強烈に緊張した筋肉を解放してあげればいいのです。揉んだり、叩いたり、湿布を当ててもかない筋肉を緩める施術方法があるから大丈夫です。

 

「もっと早くくればよかった」と思うよりも、今すぐTELにて相談下さい。

 

 

脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症